賃貸を学ぼう!

賃貸アパートのメリットについて

賃貸アパートのメリットについて 賃貸物件を探す際、アパートもしくはマンションという形態で探すという事が一般的です。
このように選択肢が二択の場合は、マンションの方が優れていると考えられる事が多いものです。
しかし、実はアパートの方がマンションよりも好ましいメリットが多々あります。
まず、賃貸アパートは家賃の相場が安めである事が挙げられます。
2つの物件で大きく異なるのは、構造です。
マンションは建築に際して多くの資金が必要になる一方で、賃貸アパートは比較的安価に済ませられるのです。
こうした実情から賃貸アパートの方が家賃が安いというわけです。
しかも、管理人が常に存在しているというケースは稀で、人件費がかからないという点も安価になる理由です。
さらに、車を所有している時は駐車料金が家賃に上乗せされて大きな負担になりますが、賃貸アパートは駐車料金も安価であるケースが多いです。
地方の場合は、駐車料金が無料という場合も多く車を所有している場合はとても大きなメリットであると言えるでしょう。
次に、立地条件が良いというメリットもあります。
面積の広いマンションとは異なり、駅周辺の空き地に建築することができるため駅にアクセスしやすい場所に住居を構える事が可能になります。

賃貸アパートと持ち家の比較

世間では賃貸アパートと持ち家のどちらがお得かという比較を好みます。
結論的には、条件次第で結果は変わってきますので、見方によっては賃貸アパートの方がお得だったり持ち家がお得だったりします。
アパートなどの賃貸の場合は、まとまったお金が必要ありません。
もちろん初期費用で50万円から60万円ぐらいは必要になりますが、それでも一戸建て住宅を買う時の諸費用よりは安くなります。
ちなみに3000万円の一戸建て住宅をローンの頭金なしで購入するとした場合、最初の段階で250万円ぐらいは用意しないといけません。
築年数が10年以内の場合は持ち家の方が維持費は安くなります。
賃貸物件は毎月家賃を払い続けますが、一戸建て住宅の場合は平均して賃貸物件よりも毎月のローンの返済額が2万円ぐらいは低いのが相場になります。
ですが、築年数が10年以上の場合には、一戸建て住宅は維持費にお金がかかります。
例えば外壁塗装などにお金をとられるため、一時的に一戸建て住宅の方がお金がかかることになります。
ですが、住宅ローンが終わってからは圧倒的に一戸建て住宅の方が維持費が安くなります。
このように考えると時期やどれくらいの家賃やどれくらいの住宅を購入したかによって負担額は異なるのです。